キャッシング返済の方法

各カード会社に共通する「キャッシング返済の方法」を紹介します。キャッシング返済は(大きく分けて)三種類の方法が用意されています。

 

【振り込み返済】

振り込み返済は、カード会社から指定される口座に宛てて、返済する方法を指します。この方法は、銀行からの振込手数料が必要なので、あまり一般的ではありません。返済をする場合は、なるべく手数料の掛からない方法を選択してください。

 

【提携ATMを使った返済】

これは、契約時に発行されたキャッシュカードを使い、最寄りの提携ATMから返済する方法です。この方法を使えば、お住まいの近くにあるコンビニエンスストアや地方銀行、都市銀行など、好きな場所で返済手続きが行えます。

 

もちろん、利用するカード会社の「自社ATM」があれば、手数料無料で返済できます。提携ATMの多くは、ATMの利用手数料が発生します。ただ、オリックス銀行カードローンのように、すべての提携ATM利用料金を「完全無料」とする金融機関も存在します。

 

【口座振替】

口座振替は、あらかじめ登録した銀行口座から、毎月指定の日に引き落としで返済する方法です。

 

ただ、カード会社によっては、利用できない金融機関(銀行)を指定するところがあるので、口座振替の登録前に、契約書(または、利用の手引き)を確認しておいてください。

 

【返済が遅れた場合は?】

今日中にお金を借りる必要があって借りたお金の返済が遅れてしまったり、今後の返済が「遅れそう」だと分かった時点で、早めにカード会社に電話連絡を入れてください。すばやく連絡を行い「いつなら返せそうなのか」約束をし直すのが一番の解決策です。

 

遅延の期間ですが、3カ月以上の遅延は「重大な金融事故」として、信用情報機関にデータが登録されてしまいます。

 

また、3カ月以内の遅延でも、何度か延滞が続くようであれば「カード会員資格がなくなる」など、カード(ローン)が使えなくなってしまします…。こうした問題が発生しないよう、毎月の返済はコツコツ継続するようにしてください。

キャッシングの種類

キャッシングには、どのような種類があるのでしょうか? ここで、簡単に説明したいと思います。みなさんに合う、キャッシング方法を見つけてみましょう。

 

【キャッシングの種類】
キャッシングの種類は、大きく分けて四種類存在します。

 

・ クレジットカードのキャッシング
・ 信販会社のローンキャッシング
・ 銀行のローンキャッシング
・ 銀行系(消費者金融)のローンキャッシング

 

上から順に、説明したいと思います。

 

【クレジットカードのキャッシング】
クレジットカードには、ショッピング枠とは別に「キャッシング枠」を付けることができます。もちろん、希望によってキャッシング枠を付けないこともできますが、大抵の方は、クレジットカードのキャッシング枠を「付けたまま利用」しています。

 

【キャッシングの枠】

クレジットカードのキャッシング枠は、それほど大きなものはありません。カードローンに比べると、少なめに設定されていることが多いです。

 

ある程度、ステイタスの高いカードでも(利用枠が)100万円を超えることはほとんどありません。また、クレジットカードでキャッシングを使うと、15%〜18%の高い利息が掛かってくるので、あまりお得ではありません…。

 

また、クレジットカードのキャッシング枠は「総量規制の対象」となるので、借入額が年収の3分の1を超えた時点で、新たな借入は出来なくなります。

 

クレジットカードで何度もキャッシングをする場合は、金利の低い銀行ローンや銀行系のローン(消費者金融)を利用してください。

 

【信販会社のローンキャッシング】

クレジットカードのイメージが強い信販会社ですが、一部のカード会社では、ローンキャッシングの取り扱いを行っています。金利は低ければ、3%台から利用できます。融資は、最大300万円、多ければ500万円の可能枠があります。

 

ただ、信販会社のカードローン商品は、審査のハードルが高めなので、一般的ではありません。また、信販会社の融資は総量規制の対象となるので、年収の3分の1を超える融資は受けられない仕組みとなっています。

 

【銀行のローンキャッシング】

銀行のローンキャッシングは、金利が低く、融資の額が大きいとあって、大きな注目を集めています。低ければ、2〜3%台の最低金利が適用されます。また、融資の額も800万円から1,000万円までカバーする金融機関(銀行)があります。

 

【銀行は、銀行法の規制を受ける】

銀行は、貸金業法の規制を受けないため、総量規制の対象外で融資が実施できます。このため、年収の3分の1を超える借入が(既に)あったとしても(原則として)新たな融資が受けられるようになっています。

 

銀行ローンを利用すれば、クレジットカードの利用分や複数ある借入をひとつにまとめる(一本化)のに最適です。また、銀行ローンの中には、主婦や女性向けのローンを扱うところも増えてきました。

 

【銀行系・消費者金融のローンキャッシング】

銀行系とは、銀行の子会社が融資を行う、キャッシングローンを指します。有名なところでは、三井住友銀行系のプロミスやモビット、三菱東京UFJ銀行系列のアコムなどがあります。

 

銀行系の良いところは、銀行ローンよりも申し込みがしやすく(審査が受けやすい)、銀行に近い条件で、融資が受けられる点にあります。また、一般的な消費者金融とは違い「銀行がバックアップしてくれるので安心!」といった声も多いです。

 

【どのキャッシング方法を選ぶべきか?】

安心して「良い融資を受ける」には、銀行や銀行系の金融機関でカードローンを利用するのが一番です。特に、銀行系のカードローン会社は、即日融資に対応しているので便利です。申し込みをして、数時間後にはキャッシングができるようになるでしょう。

 

スピードキャッシングを利用したい方は、パソコンから申し込みをしてみてください。カードの受け取りを最寄りの無人契約機や店舗を指定すると、待ち時間0分で、即日契約がスタートできます。